もどる



ポジェブラッドのイジー王 (1462

プラハ市民会館壁画から

イジー王の切手

Click !

 「フス派信徒の信仰を護るために自分の命と王位をかけて戦う」と怒りをもってローマ法王皇の特使に宣言して立ち上がるイジー王の姿が勢いで倒れた椅子とともに右側に描かれています。
 1462年4月、ローマ法皇ピウス2世はカトリックとウトラキストの宥和を成し遂げたイジー王を裏切りフス派信仰を認めるプラハ条約の破棄をせまってきたのです。
 法王の通告を受け入れれはボヘミアが再び内戦に陥いるためイジー王はボヘミアの統治権を盾に拒否しましたがローマ・カトリックは彼を破門します。
 ボヘミアの平和に楔を打ち込むかのようにローマ法王の特使ファンタン・ド・ヴェールがイジー王と対峙して描かれる緊張感のある画面構成です。
 イジー王の手前、右隅のもっとも暗いところに本を閉じる少年がいます。 バンと勢いよく閉じた本の表紙には“ ROMA”の文字が見えローマとの関係の終了を暗示しています。

本を閉じる少年

イジー王の玉座と天蓋

― カトリックとウトラキスト(穏健派フス教徒)の王 ―

スラヴ叙事詩

テンペラと油彩   1925年  405×480 cm

ウトラキスト派とは
 
フス教徒には、急進的なターボル派と穏健なウトラキスト派の二つがありました。
 二種類の聖餐を意味するウトラキスト派(両方を意味するラテン語の"ウトラクエ"が語源)は、現代のカトリック教会と同じく信徒も聖職者もパンとブドウ酒の聖餐ができることや聖職者の道徳など教会の改良を求めて交渉しようとした都市貴族と大学人が中心でした。
 一方のターボル派は、教会そのものを否定し財産の共有制を主張して神の国建設を武力で勝ち取ろうとした農民職人や浪人騎士たちの戦闘的なグループです。彼らは南ボヘミアのターボルに砦を築いて拠点としたためターボル派とよばれました。

国際平和機構
 現代の国連
(国際連合)にはポジェブラッドのイジー王(1420-1471)の理念が受け継がれています。
 フス派の内部対立を終結させてボヘミア王に推戴されたイジー王
ボヘミア中部ポジェブラッドの領主)は永久平和の保証、国際間の相互協力・援助のためにヨーロッパ・キリスト教王国連合を設立してローマ法王の陰謀とハンガリー王の野望、トルコの脅威に対抗する計画を提案し、実現のための外交交渉を積極的に展開しました。
 カトリック教会の妨害にあいながらも政治力外交能力と硬貨流通による経済活性化、先進的な兵器開発などによって優勢に傾きつつあったときイジー王は亡くなりました。
 イジー王の理念に通じる国際機構が実現するのは20世紀になってからのことでした。
イジー王時代のボヘミア(チェコ)は ヨーロッパで唯一の信教の自由があった国でした。
 1471年にイジー王が亡くなった後は1918年にマサリク
(1850-1937) チェコスロヴァキア共和国大統領に就任するまでチェコ人の王を戴くことができず400年以上にわたって外国の支配下にありました。 

Click !