クジージュキの会合
クジージュキの集会  (1419)  ― 言葉の魔力 ―

もどる




テンペラと油彩  1916年  620cm×405cm

スラヴ叙事詩

死と希望と
 「クジージュキの集会」 は スラヴ叙事詩全体の要となる作品です。
 ヤン フスが1415年に処刑されてボヘミア(チェコ)では混乱が続いていましたが、1419年9月30日にクジージュキで開かれた集会以降ボヘミア地域からヨーロッパに信仰生活を求める運動から宗教戦争、そして農民が武器を持って立ち上がる全面的な戦争へと発展することになります。
 フス派戦争はチェコが主権を失い20世紀にいたるまで外国の支配を受け続けるという悲惨をもたらしましたが、その混乱の歴史の中にあったチェコの人たちによって現代のヨーロッパと世界につながる数々の思想や技術が生み出されました。
白と赤と
 ミュシャはこの「クジージュキの集会」の画面でその二つのことを表現しています。白旗と枯れ木はさけられない戦争と死を暗示し、暗いい空は1ヶ月前にヴァツラフ4世が亡くなり国王不在で混乱するボヘミアの情勢を示しています。一方で赤い旗と緑の葉をつけた松はフス戦争の混乱からも復活するチェコの命と希望をあらわしています。

Click !
Click !