ルヤナ島のスヴァントヴィト祭  神が戦うとき ― 芸術は魂の救済

もどる






フリードリヒ 『リューゲン島の白亜の断崖』

スヴァントヴィト神像のポスター

1912年 テンペラと油彩  610×810 cm

スラヴ叙事詩

希望の神
 バルト海にあるルヤナ島
(現在はドイツ領のリューゲン島)のアルコナには古代スラヴの神殿が置かれ、西スラヴ神話の神スヴァントヴィトの像がありました。 (近年、発掘によって古代スラヴの神殿跡が発見され、ヨーロッパで話題になりました。) 太陽神のスヴァントヴィトは4つの顔を持つとされていますが、同じ古代スラヴ神話のトリトンのように3つの顔で表されることもあります。ミュシャのスヴァントヴィトは3つの顔を持ち、過去・現在・未来のスラヴの歴史と希望を象徴しています。
異民族にせめられ
 スラヴの海とも呼ばれていたバルト海沿岸は 1168年、ヴァルデマー1世
(1131-1182) 率いるデンマーク軍に征服され、神殿も焼き払われました。 画面の左上にはノルマン民族の戦争の神オーディーンと狼が、右の方には白馬に乗せられた瀕死のスラヴ戦士 (白馬もスヴァントヴィトのシンボル)、伝説を伝える楽人たちが描かれています。
Click !
ルヤナ島のスヴァントヴィト祭
Click !