ズリンスキー総督によるトルコに対するシゲット防衛 (1566年)

Click !

テンペラと油彩  1914年  610cm×810cm

スラヴ叙事詩

ヨーロッパ征服
 シゲット防衛戦がなければウィーンだけでなくヨーロッパの多くがイスラム化していたでしょう。
 シゲットはルーマニア、クロアチアとの国境に近いハンガリー領にあり現在はセゲトと呼んでいます。1566年、ヨーロッパ征服をもくろむ大帝スレイマン1世
(1494-1566) に率いられてオスマン・トルコの大軍がウィーンを目指して押し寄せてきました。シゲットの総督 ニコラ シュヴィッチ ズリンスキー (1508-1566) の勇敢さを知っていたスレイマン大帝はシゲットを通過してウィーンを攻撃すれば必ずズリンスキーが背後から攻めてくると考え大軍でシゲットを攻撃したのでした。 包囲する10万人のトルコ軍に対してズリンスキーは2,500人で抵抗、8月20日から9月7日まで19日間の激しい攻防ののち全滅しました。
 シゲットは陥落しましたがその戦いでスレイマン大帝が没したためウィーンが攻撃を受けることはなくヨーロッパは守られたのです。
公園に
 クロアチアの首都ザグレブの中心部に ニコラ シュヴィッチ ズリンスキー公園という美しい公園があります。ヨーロッパを守った英雄ズリンスキーを記念して命名されました。

 いよいよ戦いの最期を迎えるシゲットの要塞を描いています。
 立ちのぼる黒煙の左側には突入するイェニチェリ (トルコ軍兵士) の大軍に銃弾を浴びせようと構える兵士や鼓舞する指揮官。物陰に身をひそめる女性たちもいます。 右側ではズリンスキーの妻エヴァはじめ女性たちが要塞もろともイェニチェリを爆破しようと火薬庫に火をつける準備をしています。手前の異様な黒煙がシゲット防衛軍全滅の悲劇を暗示しています。

もどる