生涯 愛した音楽
 「私が生涯愛したのは、美術と音楽と教会である」 という言葉を残しているミュシャは音楽のポスターをいくつもデザインしています。
教師合唱団
 1903年に誕生したモラヴィア教師合唱団の最初のメンバーはクロムニェジージュ師範学校の卒業生たちでした。 男声を中心にした混声合唱団で、ヨーロッパではヤナーチェクなどチェコの現代作曲家の作品を積極的に取り上げていることでよく知られています。 
小鳥の役割
 民俗衣装を着た少女は耳に手をかざしており、黒い小鳥とともに音楽を連想させます。 少女の手と上を向いてさえずる小鳥は、「モナコ・モンテカルロ」 のポーズと同様、見る人の注意をポスターのタイトルにみちびく効果も持っています。
 この小鳥はクロウタドリといってヨーロッパ各地で普通に見られる声の美しい鳥です。 日本のウグイスのように春を告げる鳥とされているところもあります。
 ポスター・タイトルの最初にある peveckè (pevecký) という言葉は、合唱団という意味と同時にチェコ語ではクロウタドリなどの 歌う鳥を表わします。
ヤナーチェクも
 ミュシャは、モラヴィアの中心都市ブルノの中学生時代、教会の聖歌隊で歌って学費を得ていましたが、そこの聖歌隊には6才年上のヤナーチェクがいました。 後にチェコを代表する世界的な芸術家となった2人の親交は1928年にヤナーチェクが亡くなるまで続きました。
ポスター へ
モラヴィア教師合唱団

音楽にちなむミュシャのポスターいろいろ
左から 「受難」、「ズデンカ・チェルニー」、「プラハ 歌と音楽の春の祭典」、「トーキー・フィルム」

ポスター へ

もどる




モナコ・モンテカルロ
1897年

スラヴ叙事詩

クロウタドリ

ヤナーチェク

レオシュ・ヤナーチェク
1854-1928
チェコスロヴァキアの切手

スラヴ叙事詩 入口

Click !

ヒヤシンス姫

モラヴィア教師合唱団

ブルノの南西モラヴィア宝くじ

イヴァンチッツェノ地方展

チェコスロヴァキア YWCA

ロシア復興

ヴルタヴァの野外劇

1918−1928

フォノフィルム

スラヴ叙事詩展

プラハ聖ヴィタ大聖堂のステンドグラス

第6回ソコル大会

モラヴィア教師合唱団

リトグラフ  1911年

チェコ時代