悲恋
 原作は1848年にフランスで出版されたアレクサンドル・デュマ・フィス(小デュマ Alexandre Dumas fils 1824-1895)の小説で、マリー・デュプレシーとの自身の恋愛体験をもとにした作品。名門の青年と高級娼婦の純愛が父親に裂かれる悲恋物語です。
 劇場初演は1852年。サラ・ベルナール(Sarah Bernhardt 1844-1923)の舞台(1892年初演)とヴェルディ(Giuseppe Fortunino Francesco Verdi 1813-1901)のオペラ「椿姫(ラ・トラヴィァタ)」で有名になりました。

純愛
 高級娼婦 courtisane は美貌だけでなく芸術、ファッションに通じており、高い教養とセンスの彼女たちのサロンは政治や大きな商取引になくてならない裏社交界でした。(しいて日本でいえば太夫格の花魁(おいらん)がいくらか近いかもしれません。)
 サラ・ベルナールは「椿姫」を新しい解釈で1896年に再演しました。ポスターはこのときのものです。サラの依頼で舞台衣装もミュシャがデザインしました。ミュシャの衣装は当時のファッション界にも新風をもたらしたといわれています。
 白い衣装と白い椿はマルグリット
(オペラではヴィオレッタ)の純愛をあらわしています。サラはこのポスターを気に入って1905年と1910年2度のアメリカ公演ポスターに使いました。
永遠の愛
 マルグリットは"椿姫"の名前のもとになった椿を一輪 髪に飾っています。
 花弁だけの椿はしおれる花で椿姫の悲恋を表わし、一方、ポスターの左下に描かれている椿は緑の葉をつけた枝が左右対称に描かれていてマルグリットとアルマン(ジェルモン)の永遠の愛を表わしています。ミュシャのポスターでは乙女椿のようなピンクですが、アメリカツアーのポスターでは赤い椿にしてよりわかりやすくしています。
 上部の枠にはマルグリットの"犠牲の愛"を示すイバラで傷ついた心臓が描かれています。
犠牲の愛、永遠の愛をテーマにする「椿姫」は、ワーグナーの「さまよえるオランダ人」や「タンホイザー」などロマンティック・オペラとも通じる演劇ですが、ミュシャは19世紀半ばの原作と世紀末の新しい解釈を結びつけてポスターをデザインしました。

モナコ・モンテカルロ
サロン・デ・サンでのミュシャ展
サラ・ベルナール
ジョブ
サロン・デ・サン第20回展
ランスの香水ロド
遠国の姫君
トラピスティーヌ酒
ウェイヴァリー自転車
ムース川のビール
ズデンカ・チェルニー
ブルックリン美術館のミュシャ展

ミュシャ・コラム
「寄せ集めのミュシャポスター

シガリロ・パリ Los Cigarillos Paris
Click !

アメリカ公演のポスター
1905-06年

「椿姫」 マルグリット に 扮する
サラ・ベルナール

Click !
椿姫
ロレンザッチオ
メディア
サマリアの女
トスカ
ハムレット

もどる



Click !

アメリカ公演のポスター

カサンフィス印刷所

椿 姫      1896年 リトグラフ

ポスター