1枚だけのポスター
 ポスターは大量に配布するために印刷や版画で制作します。 しかし例外的に 1点しか制作されなかったポスターが存在します。「オルレアンの乙女(ジャンヌ・ダルク)」の公演に際してミュシャが女優モード・アダムス(Maude Adams 1872‐1953)のために描いた肖像画は公演会場のハーヴァード大学でポスターとして掲示され油彩で制作した1点だけのポスターになりました。(後にリトグラフも制作したが、公演時は油彩の1点のみ)
ジャンヌ・ダルクの復権
 1909年4月18日、パリのノートルダム大聖堂でローマ教皇ピウス10世によってジャンヌ・ダルク(1412‐1431)がカトリック教会の福者に列せられました。
(列福は聖人となるステップで、最終的にジャンヌ・ダルクは1920年5月16日に聖人に列せられます)
 列福を記念して1909年 6月22日、ハーヴァード大学はシラーの戯曲「オルレアンの乙女」を上演。 女優のモード・アダムスがジャンヌを演じ、舞台美術と衣装はミュシャがデザインしました。「オルレアンの乙女」は、1801年にそれまで"魔女"や"妄女"とされていたジャンヌを詩人のフリードリッヒ・フォン・シラー
(1759-1805)が“神に選ばれた気高い少女”として描きジャンヌ・ダルク復権のきっかけのひとつになった戯曲です。
フスの復権
 ハーヴァード大学での公演の後モード・アダムスが主に出演していたニューヨークのエンパイア劇場ロビーにこの絵を飾ることになりミュシャは額縁を制作しました。『ジャンヌ・ダルク』にはフランスを表わすユリを装飾に描いてアメリカとフランスの交流を象徴しています。しかし額縁の装飾にミュシャは故郷チェコの象徴を描きました。
 ミュシャにとってジャンヌ・ダルクは同じ頃の1415年にやはりカトリックの異端審問で火刑に処せられたヤン・フス
(1369頃-1415)と重なります。
 ジャンヌ・ダルクに描かれているフランスのユリを囲む殉教のシンボル、キリストのイバラの冠は没後500年を迎えるヤン・フスの復権を願う希望の"太陽"でもあったのです。
 ミュシャの『ジャンヌ・ダルクに扮するモード・アダムス』は、1920年のジャンヌ・ダルク列聖に合わせてニューヨークのメトロポリタン美術館に寄贈されました。
 カトリック教会は2000年に「フス派を弾圧したことは間違いだった」とチェコ国民に対して謝罪しましたがヤン・フスを異端とする裁定は今も解かれていません。

ジャンヌ・ダルクに扮する モード・アダムス    1909年 油彩

『ジャンヌ・ダルク』のポーズをとるモデルの写真(上)
下はモード・アダムス自身の写真

火刑から500年を記念する『ヤン・フス』像
(シャロウン作) 1915年

ジャンヌ・ダルク(1412頃-1431)の生誕600年を記念して2012年にフランスが発行した切手

椿姫
ロレンザッチオ
メディア
サマリアの女
トスカ
ハムレット
カサンフィス印刷所
サロン・デ・サン第20回展
ランスの香水ロド
ジョブ
サラ・ベルナール
サロン・デ・サンでのミュシャ展
モナコ・モンテカルロ

『ジャンヌ・ダルク』
下絵 水彩

Click !
Click !
ムース川のビール
トラピスティーヌ酒
ウェイヴァリー自転車
遠国の姫君
ズデンカ・チェルニー
ブルックリン美術館のミュシャ展
シガリロ・パリ Los Cigarillos Paris

『ジャンヌ・ダルク』(上)と『レスリー・カーター』(下)の“イバラの冠”

ミュシャ・コラム
「寄せ集めのミュシャポスター

『ジャンヌ・ダルクに扮するモード・アダムス』
メトロポリタン美術館(ニューヨーク) 蔵

もどる




ポスター

ミュシャが15才の頃に描いた
『火刑台のジャンヌ・ダルク』(1875年)