俵 有作 玄波


 円の中に女性の顔を描いた2点連作の装飾パネルはほかにビザンティン風のブロンド&ブルネットがあります。 同じように円の中に描いていますがブロンド&ブルネットは髪が円の外に流れているのに対してつたと月桂樹は窓の向こうの女性を見るように描いています。
 そのかわり、というわけでもないでしょうが周りにもつた、月桂樹の装飾が施されています。
(ブロンド&ブルネットも 周りに装飾があるものがありますがオリジナルの初版にはありません)
常緑樹
 "つた"も"月桂樹"も常緑樹で不滅をあらわします。今では"月桂樹"は勝利や栄誉を表わすとされていますがもともとは不滅の象徴でした。勝利者に栄誉として不滅の象徴月桂樹が与えられたものが定着したためです。
 "つた"も"月桂樹"もどちらも不滅を表わしますがそれぞれ少しニュアンスが違います。"つた"が永遠の命や不滅の愛を表わすのに対して"月桂樹"は永遠の清浄、純潔を表わします。
日本美術
 アール・ヌーヴォーに限らず当時のヨーロッパの画家で日本美術の影響を受けてない画家はいないといっていいほどです。ミュシャも例外ではありません。しかしミュシャの場合、自分のスタイルに昇華させて表現しているため日本美術とのかかわりが すぐにはわかりません。
 「つた」と「月桂樹」の上下にある装飾の帯は日本の掛軸からヒントを得たものです。 掛軸は一文字といって絵の上下に裂れ
(きれ)を貼り周囲にも緞子(どんす)や金襴(きんらん)などの名物裂(めいぶつぎれ)を飾ります。ミュシャはこのスタイルを「つた」と「月桂樹」の装飾にとり入れました。

 「波動」 俵 有作 (1932-2004)

装飾パネル へ
つた 月桂樹
装飾パネル へ

もどる





Click !

四季

黄道十二宮

夢想

花と果物

三季節

四芸術

四つの時

羽根 桜草

四つの宝石

四つの星

装飾パネル

   リトグラフ 1901年

 吊り下げて飾る掛け軸の場合、一文字(本紙の上下の細い裂)などの表装は上が広く下側は狭いのに対して、欧米では絵画は壁にかけるものであることと、ミュシャ自身の感性で、「つた」と「月桂樹」では安定感を感じるように帯状の装飾の下側を太くデザインしている。