四季

黄道十二宮

夢想

三季節

四芸術

四つの時

Click !
装飾パネル へ
「花」 「果物

羽根 桜草

四つの宝石

つたと月桂樹

四つの星

もどる









装飾パネル へ

1900年パリ万国博覧会ボスニアヘルツェゴビナ館壁画(左 1900年)(部分) プラハ装飾美術館蔵
スラヴィア(右 1908年)(部分) プラハ国立美術館蔵

「花」 「果物」は 春」 と「秋」
 「花」 と 「果物」 は2点連作装飾パネルの代表作です。咲き誇る花と たわわに実った果物を胸に抱いた女性はそれぞれ"春"と"秋"の寓意
(ぐうい)になっています。連作らしく、衣装も髪の色もブロンドとブルネットと対比させています。
スラヴの夢
 花と女性を描いたアールヌーヴォーのミュシャらしい連作装飾パネルには、ジャポニズムの影響も見られます。しかしミュシャは"女性"と"花"とを美しく描くだけの画家ではありません。
 「果物」の腕につけた渦巻き形のアクセサリー、「花」の衣装とくに袖口の飾りはどちらもスラブの伝統的な文様で、1900年パリ万博ボスニアヘルツェゴビナ館の壁画、スラヴの理想を擬人化した「スラヴィア」にも同じ文様を飾ってスラヴの希望を表現しています。
 

装飾パネル

リトグラフ 1898年