チェコの中心の教会
 プラハの中心にあるプラハ城 (フラッチャヌィ城) 聖ヴィタ大聖堂にあるステンドグラスの窓です。 豊かな色彩が見事に秩序づけられていてミュシャの優れた色彩感覚にいまさらながら驚かされます。
 ゴシック・スタイルの大聖堂は10世紀の会堂を基盤に建てられています。 現在の建築の建造は16世紀半ばから始まりましたが、戦争やオーストリア・ハプスブルク家による支配のためやむなく中断することがありました。 19世紀後半になってチェコ国民の寄付と企業の協力により建設を再開し、ようやく完成したのは20世紀のことです。

スラヴィアのステンドグラス
 ミュシャはステンドグラス製作にあたっていくつもの下絵を残しています。 最終的に実現したものは、10世紀ボヘミアの王でチェコの守護聖人である聖ヴァツラフとその祖母 聖リュドミラを中心に置き、そのまわりには、スラヴ世界にキリスト教をもたらしスラヴ言語での布教につとめた聖ツィリルと聖メトディウス兄弟の生涯と事蹟を描いています。 最上部にはキリストを描いていますが、その下にはスラヴィアを配し、下部の BANKA SLAVIE (スラヴ保険会社)とある文字をかこむ装飾などスラヴ色の豊かなステンドグラスです。
息子イジー
 中央に少年の姿で描かれている聖ヴァツラフのモデルはミュシャの息子イジーです。

もどる






聖ヴァツラフと聖リュドミラ

聖ツィリル ステンドグラスの下絵とデッサンのための写真

プラハ聖ヴィタ大聖堂のステンドグラス
1931年

スラヴ叙事詩