ルミール

もどる




スラヴ叙事詩

 スメタナの 「我が祖国」 第1曲 ヴィシェフラッドは、中世の吟遊詩人ルミールを表わすハープの音で始まります。 ミュシャもルミールを繰り返し描いていて 「スラヴ菩提樹の下で宣誓する青年たち」 のハープを弾く少女もルミールを表わしています。
 
「スラヴ叙事詩」 の構成には 「わが祖国」と共通するところがたくさんありますが、ルミールもそのひとつです。

「ルミールとニンフ」(部分) 1882年

野外劇 「スラヴの兄弟たち」 のコンテから 1926年

雑誌「ルミール」 のタイトル